検索
  • 佐藤龍志

【デジタルマーケティング業界ニュース】「インフルエンサーマーケティングが大嫌いだった」:UUUM幹部の告白など

最終更新: 2019年5月22日

①初めてのインフォマーシャル。出稿する前に知っておきたい基礎知識

http://bit.ly/2VOV3je

インフォマーシャルはWeb広告などに比べればかなりの投資が必要になりますが、

その分反響は大きく、事業を大きく成長させるためには必要な広告手法です。

自社の成長の段階に合わせてインフォマーシャルを検討してみてはいかがでしょう。


②「インフルエンサーマーケティングが大嫌いだった」:UUUM幹部の告白

http://bit.ly/2JV3YbY

インフルエンサー活用は必要だが、KPI設計はほんとうに難しい。

テクノロジーで解決できるようになることに期待したい。


③Amazonユーザーの収入別消費マインドが明らかに 高所得層は衝動買いが多くネガティブなレビューに注目する

http://bit.ly/2HH01F2

ポジティブなレビューやレビュー点数に対する感じ方や考え方が、収入帯によって違いが出るのは興味深い。

レビューはコントロールできないので、結局は良い製品を投入するに限ると思う。


④ワンメディア、ヤフー向け動画広告パッケージを開発 ユーザー属性に加え趣味・趣向に合わせた配信が可能に

http://bit.ly/2M0gUjk

要は趣味趣向別に動画を作り変えますという普通のサービス。

複数本つくると制作費は単純に増加するがそこはどう解決しているのか。

機械化やフォーマット化で工数削減していくのだろう。


⑤東京カレンダーが“アッパー層特化型”のインフルエンサーマーケティング支援サービスを開始

http://bit.ly/2QeY5qU

東京カレンダーらしいサービス。独自インフルエンサーを囲うのが業界スタンダードになっている。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【デジタルマーケティング業界ニュース 3選】雑誌広告の注目率・精読率はどのくらい? ビデオリサーチ、日本雑誌協会らと効果測定調査を実施など

①押さえておくべきECマーケティング7つのトレンド(1) http://bit.ly/2Z8dYr5 メールマガジン配信者が気づいていない重要な事は、スマートフォンが当たり前の時代になり、PC時代の常識が通用しないということ。 例えば、メールアプリの受信トレイなどメールの一覧では、タイトルより目立つのが送信元の表記となりますので、 メールを送信する度に、タイトルだけではなく、送信元に表示される文字

【デジタルマーケティング業界ニュース 3選】広告費0円で売上を250%アップ!株式会社かいなの集客施策など

①dely、ヤフーのアドネットワークに「クラシル」の独自データを活用した新広告メニューを提供開始 http://bit.ly/2GLFuPS 新広告メニューでは、クラシルにおける「お弁当」「おつまみ」「ヘルシー」「スイーツ」といった、ユーザーの検索行動データや閲覧しているレシピ動画から取得できるユーザーの嗜好性データなど、クラシル独自の行動データとヤフーが保有するデータを掛け合わせて、クラシル内の

【デジタルマーケティング業界ニュース 3選】【Z世代=インスタ消費は嘘⁉】ループス斉藤氏×dot冨田氏が「4タイプのZ世代」のインサイトを探るなど

①【ニュース】Googleが動画広告に関する2つのアップデートを発表 http://bit.ly/2Meun5v 1. TrueViewアクションキャンペーンの配信先をGoogle動画パートナーへ拡大 2. YouTubeのマストヘッド広告でインプレッション単価制を正式ローンチ ②【Z世代=インスタ消費は嘘⁉】ループス斉藤氏×dot冨田氏が「4タイプのZ世代」のインサイトを探る http://bi

©2019 by SURF-UP. Proudly created with Wix.com